Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

先週から始まった国戦。皆さんどうでしたか?

私の所属軍団であるBOSSはシーズン1の国戦でトップを取ることができました!

 

これも副団長のkeiさんをはじめ、軍団の役職の方々がすぐに内容を理解してくれたおかげです!

これを書いている私は完全に指示待ち人間でしたw

 

しかし今回国戦を終え、何が大事なのか?基本的に軍団メンバーとして何をすれば良いのか?

それが段々と分かってきましたので、国戦とは一体どういうものなのか?

 

まずはその概要を解説していきたいと思います。

 

 

国戦とは?

まず国戦とは何なのか?

私は最初、その名前からリアル国同士の戦いかと思っていましたw

「まじか~中国に絶対勝てんやん!」とか思ってましたねw

 

しかし実際はそうではありません。

国戦とは、『6つの軍団が領土を取りあう陣取りゲーム』になります。

 

各軍団が始めから持っている領土(6軍団なので6つの領土)、そして6つの領土の中心にある7つ目の領土(誰の物でもない領土)、この計7領土の中で競い合います。

領土はこんな感じ。

真ん中の『司隷』だけが空き領土となっており、他は軍団の領土となります。

ちなみに初戦、ウチの軍団は『青州』でした。

 

国戦の期間は?

一回の国戦の期間は月曜日~金曜日の5日間。(詳しくは月曜日の9:00~土曜日の1:00まで)

そしてそれは隔週で行われます。

 

スポンサードリンク

 

国戦の勝敗はどうやって決まる?

国戦が陣取りゲームということは分かりましたが、勝敗はどうやって決まるのか?

勝敗は、『それぞれの軍団が占領した拠点のポイント(☆の数)の合計』で決まります。

 

先ほど7つの領土があると書きましたが、各領土には拠点がいくつかあり、それぞれポイントが違ってきます。

ですから占領した拠点が単純に多ければ勝ちというわけではないんですね。

 

 

拠点とは?

では次に拠点について説明していきたいと思います。

先ほどそれぞれポイントが違うと書きましたが、拠点の種類としては5つ。

  • ☆1の拠点(1ポイント)
  • ☆2の拠点(2ポイント)
  • ☆3の拠点(3ポイント)
  • ☆4の拠点(4ポイント)
  • ☆5の拠点(5ポイント)

 

これらのポイントの合計を競い合うわけです。

1ポイントの拠点を沢山集めるのか?それとも大きなポイントの拠点を狙っていくのか?それは軍団の戦略で決めていく感じですね。

 

ではそれぞれの拠点の特徴を見ていきましょう。

 

☆1の拠点

☆1の拠点は軍団が始めから持っている物で、軍団長などの役職者がメンバーを☆1の拠点に配置していきます。

配置できる☆1拠点は25箇所

そしてこの25箇所の他に、軍団の主城である☆5の拠点が1つ存在します。

 

ですからどの軍団も、開戦直後は☆5拠点が1箇所、☆1拠点を25箇所所持しており、30ポイント持った状態で始まります。

配置はこんな感じです。

軍団領土の内部拠点(紫)に12人、周辺拠点(緑)に13人。

しかし軍団長など役職者がメンバーの配置を決めれるのは『内部配置』『周辺配置』かだけ。

 

ですからウチの軍団長Sさんが私を内部に配置しようとした場合、内部12箇所のどこになるかはランダムになるのです。

 

関所

☆1拠点の中には関所という特殊な場所があります。

この関所は自分達の領土から中央の領土へ攻め入る門のような存在であり、この関所を抑えていないと中央に攻め込むことができません

 

ですから国戦が始まったら確実に守りたい場所です。

関所は赤丸のあたりに配置されています。

 

写真だと『武関』という場所が関所になります。

周りが山に囲まれており、道がないのでここを必ず通らなければならないのです。

 

☆2~☆4の拠点

こちらはどの州にも各所点在しており、開戦時には全て『空城』となっています。

ですから自分たちの領土にある空城は全て押さえたいところですね!

 

空城とは?

空城とは誰もプレイヤーが占領していない城のことです。

ここを攻める時、相手はCPUとなります。

空城の特徴は、

  • 煉獄塔が3本あったり、通常プレイヤーでは不可能な城になっている
  • 基本的にあまり強くなく、占領しやすい
  • 攻める前に下見ができない

 

煉獄塔が3本あってもレベルがあまり高くないため、下見ができなくても結構簡単に占領できます。

しかし敵軍団と取り合いになった場合には注意!

これは早い者勝ちというわけではないのです!

 

勝利の条件は『空城を攻めた5人の合計戦績が良い軍団』になります。

5人というのは各軍団で5人です。

なので3軍団で取り合いになった場合は最大15人の戦績が反映されるわけです。

 

戦績で優先される順番は、

  1. 5人の旗の合計枚数
  2. 5人の合計%
  3. 枚数、%が同じ場合は殲滅の合計タイムが短いほう

となります。

 

ですが先ほども書いたとおり空城は比較的弱いです。

ですから5人攻めた場合、大体は5人×3枚で15枚500%になるでしょう。

なので空城で敵とぶつかった場合は殲滅速度が重要になってくると思います。

 

逆に軍団領土の内部にあり、敵が攻めてくる心配がない場合は、1人だけでも攻めておけば翌日にはその軍団の物になっています。

 

空城を攻撃できる時間は9:00~21:00まで。

21時をむかえた時点で戦績がよかった軍団の勝利となり、4時間後の翌日1時にその軍団の物になります。

色付きの丸が軍団メンバーが配置されている☆1の拠点

◎の白くなっている場所が中大城(☆2~☆4)になります。

白いのでまだ誰も占領していないということです。

 

☆5の拠点

☆5の拠点は全部で7つ存在しますが、このうち6つは各軍団の主城となります。

主城は攻めることができないので、基本的には無視。

重要なのは中央の『洛陽』のみです。

ここは完全に中央の中央。

ですから6軍団の激戦区となり、占領は非常に困難です。

スポンサードリンク

 

国戦の進め方

では国戦でどうやって占領場所を増やしていくのか?

それを見ていきたいと思います。

 

まず左上の『壮武』が私の軍団、BOSSの拠点です。

そしてここから侵攻しようとした場合、そこから左下赤丸の『東安』を攻めることになります。

壮武から下に攻めようとした場合、道が東安にしか繋がっていないからです。

 

そして東安を占領できた場合、次に攻めれる部分は多彩になります。

東安から道が多方面に分かれているため、青丸の城をどこでも攻めることができるのです。

 

そして『散関』を占領したら、緑丸の『中牟』に攻め入ることができるようになります。

 

拠点の占領には丸1日かかるため、壮武から中牟まで占領するには3日かかる計算になります。

 

占領の仕方

では実際に壮武から東安を攻める場合、どうやって戦うのかを見ていきましょう。

まず攻撃には2種類あり、

  • 昼間攻撃
  • 夜間反撃

この2つで攻防が行われます。

 

昼間攻撃

まず昼間攻撃の特徴としては、

  • BOSSが壮武から東安に攻める
  • 昼間攻撃は9時~21時まで
  • 攻撃できるのは1人2回
  • 攻撃は2回とも同じ場所しか攻めれない
  • 2回攻めた場合、攻撃戦績の良いほうが反映される
  • 有効戦績は上位5人の合計

先ほどの空城の時と同じで、有効になる戦績は上位5人の合計になります。

 

夜間反撃

では次に夜間反撃の特徴ですが、

  • 敵軍団が攻撃された東安を守る
  • 反撃時間は21時~翌日1時まで
  • 反撃できるのは1人1回
  • 有効戦績は上位5人の合計
  • 戦績がBOSSの戦績を上回れば防衛成功、下回ればBOSSが占領となる

 

これが1拠点の攻防の流れになります。

反撃のほうがチャンスが少ない分不利ですね。

 

これを見て分かるかと思いますが、軍団戦と違い1拠点の占領にかなりの人数が必要になりますよね。

ですから司令塔となる人を決め、軍団としてしっかりと戦略を立てていかないと、「どこも占領できない!」ということになりかねません。

常に指揮ができる人はいないと思いますので大変ですが、どう戦略を練ってどうメンバーに伝えていくのか?

これが最重要になってくると思います。

 

ですから攻撃する時はどこを攻めるべきか?

軍団メンバーに一言声をかけると良いですね。

スポンサードリンク

 

 

国戦の報酬は?

これ、きになりますよね。

シーズン1では優勝できたので、報酬を紹介したいと思います!

 

軍団賞でこれだけの報酬です!

優勝報酬は素晴らしいですねw

 

ですがここで注意点が1つ!

『赤色将印箱3個』、『国戦令牌9400個』は、毎日1回でも出征しないと貰えません!

 

1日に出征できる回数は、昼間攻撃2回、夜間反撃1回の計3回。

このうち1回でも出征すれば良いので、必ず毎日出征しましょう!

 

出征を1回しただけで報酬がこれだけ貰えます。

1回でも逃すと結構大きいので、出来る限り3回出征しましょう!

 

 

まとめ

今回は国戦の概要についてお伝えしてきました。

正直個人だけでどこを攻めるか決めるのはかなり難しいと思います。

 

軍団メンバーとして毎日やるべきことは、

  • 必ず1日1回は出征する(できれば3回)
  • 攻撃する時は軍団としてどこの占領を狙っているのか確認する
  • 反撃時はどこを守りたいのか確認する

この3点です。

 

あとは戦略を練って指揮官として活躍したいのか?それとも指揮官となる人に意見を聞いて攻めていくのか?

どちら側になるかということでしょうか。

 

勿論私は後者ですw

副団長keiさんに完全に丸投げして駒となりますw

 

指揮官の人はヘビーログインになると思われますが頑張ってください!

スポンサードリンク