Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

初心者だとゲームを開始しても何から始めたら良いのか分かりません。

三国天武は非常にやる事が多く、序盤のうちに全てを把握することは難しいでしょう。

私の場合は知り合いに教えてもらいながら進めていきましたので迷うことはありませんでしたが、教えてもらえる人がいない状況だったら全然進まないと思います。

正直すぐにやめてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな初心者の方向けに、順を追って解説していきたいと思います。

まず最初に手をつけるのは『内政』ですので、ここから説明していきます。

 

『内政』とは?

三国天武を進めていく上で、プレイヤーの軍事力を上げていくための物です。

内政の中には、

  • 建設
  • 軍隊
  • 防御
  • 装飾
  • 資源
  • 元宝

という6つの項目があり、この中でも『建設』、『軍隊』、『防御』は常に重要です。

まずはこの6項目について解説していきますね。

 

建設

『軍隊』、『防御』に属している施設を作成する為に必要な施設がこの建設の中にあります。

ですから内政の中でも最初に手をつけるのがこの『建設』になります。

 

軍隊

攻城に関係する施設を作る項目です。

主に兵士の作成や強化をするための施設、また兵士の数を増やすための施設を作成できます。

攻城するための必須項目ですので優先的に上げていきましょう。

※城レベルが7になると『主君』の作成が可能になります。主君は強いので城レベル7まで優先的に上げましょう。

 

防御

敵から自分の城を守る為に必要な施設を作る項目です。

序盤は『軍隊』を優先しつつ余力で成長させていきましょう。

最初の頃は失う物がありません。攻められて壊されても全く問題ありません。

 

装飾

条件を満たすことで獲得できるモニュメントです。

最初は全く意識しなくて良い物です。

 

資源

元宝で金銭や兵糧を購入できる項目です。

割りに合わない金額なので、私はここでの購入はおすすめしません。

よほど緊急でない限りは、攻城をして資源を蓄えていきましょう。

 

元宝

リアルマネーで元宝を購入できる項目です。

つまりここでの購入は『課金』になります。

無課金を貫く方には全く関係のない項目ですが、もし少しなら課金しても良いと考えている方には『プレミアム元宝カード』の購入をおすすめします。

 

プレミアム元宝カードとは?

  • 金額は600円
  • 購入した日から30日間100元宝がもらえ、購入した日のみ300元宝が追加でもらえる(累計3300元宝)
  • ボタン1つで全兵力を戦場に出せる『全軍出撃』が可能になる
  • 初回購入時のみ星5武将『龍女銀屏』がもらえる
  • 3回分ストックができる(3セット1800円で90日間まで有効)

プレミアム元宝カードは初心者には嬉しい特典ですね。

本来3300元宝を現金で買うと6000円。それが1/10の金額で購入できます。

さらに龍女銀屏は序盤にかなりの戦力になり、攻城が楽になります。

微課金勢には最もおすすめできる課金です。

 

『内政』で最優先して作るべき施設

内政の中でも優先順位があります。

初心者がまず優先するべき施設は『建設』の中にある

  • 金庫
  • 兵糧庫
  • 工房

この3つになります。

ではこの3つがどうして重要なのか?それぞれ解説していきますね。

 

金庫

金庫=お金。

三国天武でも現実世界と同じくお金がなければ何もできません。

 

全ての設備にはレベルがあり、金庫はレベルが高くなるほど多くのお金を貯めることができます。

内政の『防御』に位置付けられる施設を建設する場合に必要になり、金庫のレベルが低ければいつまで経っても強い設備が作れない、城のレベルが上げられないという事態になってしまいます。

最優先で作成、レベルを上げるべき施設です。

 

兵糧庫

こちらもお金と同じく最優先項目になります。

兵糧は内政の『軍隊』に位置付けられる施設を建設する場合に必要で、武将や兵士を鍛える為に必須です。

武将や兵士が弱ければゲームが全く成り立たなくなりますので、こちらも最優先で作成、レベルを上げていきましょう。

 

工房

こちらは各施設を作成させる大工の家です。大工がいなければ何も作れません。

大工は1人1施設を作成でき、2人の大工を1施設に充てて時間を半分にするようなことはできません。

 

工房は最大5件まで増やすことができますが、元宝が必要になります。

工房数 使用元宝
1 なし
2 150
3 300
4 600
5 1000

 

3人まではなんとかなりますが、4人目以降は元宝の消費量が大きい為、しばらくは3人体制で良いでしょう。

スポンサードリンク

 

『内政』で優先して作るべき施設

金庫、兵糧庫のレベルがある程度上がったら、次は武将や兵士の番です。

ここで優先すべき施設は『軍隊』内の

  • 軍旗
  • 兵営
  • 演武場
  • 軍事研究所
  • 点将台

以上の5つです。

ではこれらについてもそれぞれ解説していきますね。

 

軍旗

軍旗1つにつき、武将を1人配置できます。

武将は大きな戦力になりますので、5つの中でも最優先で作成したい物です。

城のレベルが5まで上がると軍旗が最大の4つまで設置できるので、城のレベルも上げておきましょう。

 

兵営

兵営のレベルを上げると様々な種類の兵士を作ることができます。また、戦いで失った兵力の補充もここで行います。

レベルが上がるほど重要な兵種が作成できるようになる為、兵営の数、レベル共に優先して強化していきたいところです。

 

演武場

出撃部隊の数を増やす為に必要な施設です。

兵営で兵士を作成してもこちらのレベルが低いと出撃できる人数が減ってしまう為、兵営と同時に強化していきましょう。

 

軍事研究所

兵士のレベルを上げる為の設備です。

兵営で作成できるようになった兵士はレベル1。そのレベルを研究所で上げることができます。

ひ弱な弓兵でもレベルを上げればかなりの戦力になるので、こちらもレベルを上げておきましょう。

※軍事研究所のレベルを上げ、大工が作業中の場合は兵士のレベルアップができません。

また、兵士のレベルアップ最中は大工による軍事研究所のレベルアップができません。

 

点将台

点将台のレベルが上がるほど、傷ついた武将の回復にかかる時間が短くなります。

上の4つに比べ優先度は低いですが、こちらも上げておきましょう。

 

『建設』、『軍隊』の後に『防御』を

『軍隊』がある程度落ち着いてきたら、次は『防御』です。

作れる物から順番に作っていきましょう。

『軍隊』の強化にかかる時間を調整をしながらうまく作成していくと良いですね。

 

序盤に強い『方士塔』や『五雷方陣』は作れるだけ作っておきましょう。

レベルアップに時間がかからない壁も上げておくと吉です。

 

まとめ

今回は序盤の内政について解説しました。

作成する順番をもう一度おさらいすると、

  1. 【建設】金庫、兵糧庫
  2. 【軍隊】軍旗、兵営、演武場、軍事研究所
  3. 【防御】五雷方陣、壁

こんな感じです。

余力があれば他の施設も作れば良いのですが、余計な施設のレベルは上げないようにしましょう。

理由はプレイヤーレベルに関係があるのですが、各レベルについては後ほど別に記事を書きますのでそちらをご覧ください。